Living in Kusano, Kurume-city

To inform my friend of what I have been doing lately.

9/4(日)33回目 側溝

今日の作業はオヤジ組、7名。
関東から1名、佐賀から1名、残りは県内各地より。
関東組はわざわざ休暇を取って朝倉へ。


作業内容は、側溝のフタを取って、詰まった泥を搬出。
バールが必要だと、指示書に書いてあったが、すっかり忘れたまま現場に到着。
依頼者宅にドでかいバールが2本あって難を逃れた、と思ったが。
確かにバールはあるのだが、側溝のフタが開かないのだよ。
バールでフタをゴリゴリさせながら、少しずつずらすもなかなか外れない。
最後にはアスファルトの地面を浮き上がらせながら、
やっとの思いでフタを10枚ほど外す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フタのレベルは道路のアスファルトと同じレベルになっている。
多分フタをしてからアスファルトを敷いているから、フタをあげると
アスファルトも一緒に持ちあがってしまう・・・そういう状態。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一部のフタはセメントで駐車場や玄関の入り口と一体化しており、外すことは不可能。
その長さ150センチ、が3本。


フタが外れた部分は簡単に泥を掻き出せるのだが、ふたが外れていない部分の泥が
上手い事掻き出せない。途中に、何か障害物がある。いったい何?と思ったら、
側面に岩が残っておる。意味不明。何故、側溝の中に岩?
依頼者によると、この住宅地を作るときに、正式な土建業者ではない業者が
側溝を作ったから、らしい。側溝の幅も一定ではないし、だいちU字溝を使っていない。
フタのサイズもまちまちで、とにかくすべてがテキトー。
しかし、オヤジさんたちは知恵を集め、力を合わせ、この難関を乗り越えた。
バールや金属・木製の長い棒で詰まった土を柔らかくし、ジョレンで掻き出す。
それを両方向から何回も繰り返しながら、少しずつ歩を進め、やっとのことで開通。


フタをはめる時も大騒動。
外したフタがカチンとハマってくれない。
ギッチギチの状態でフタがはめてあったので、一度外すと簡単には元に戻らない。
またバールにお世話になり、フタの側面をガツガツとはつる。
最後に3人が一斉にでフタに飛び乗り、ピシャッとハマる。何とか解決。
動画にすると簡単なんだろうが、文字にするとた~いへん。