Living in Kusano, Kurume-city

To inform my friend of what I have been doing lately.

9/23(土・秋分の日)43回目 

210号線バイパス沿いに咲いたリコリス。薄い黄色。


須川地区へ、十畳の和室の泥出し。
以前作業に来た須川地区は川の氾濫で、川が大きくえぐれている。
護岸が崩れ、今は大きな土嚢で代用している。
和室が4部屋あり、そのうち3部屋は既に泥出しが終わり、
今日は最後の一部屋。家具を動かし、ふすまや障子を撤去しようとするが
長い年月の間に鴨居が下がり、ふすまや障子がなかなか外れない。
数人で鴨居を押し上げ、何とか力業で外す。


3部屋目の畳が外してあったので、それを元の部屋に戻そうとするのだが、
今度は畳の配置が分からない。
南がどっちか、東がどっちか? 畳の裏に書いてある文字が読めない。
依頼者さんもよく把握できていない模様。
あ~でもない、こ~でもないと悩んでいたが、大勢で悩んでも仕方ないので、
”悩む人”を数名残して、他は4部屋目の畳はがし、泥出しを始める。
畳にはチョークで番号を書き、配置図を作成した。
畳板に番号が振ってあったので、番号順にまとめて置く。
泥出しは、わりと簡単。泥の量も少ないし、水分も適度に飛んでいるので楽な仕事。
排出した泥を運び入れる場所が、住宅から200メートルも離れているのが唯一の難点。
3部屋目の畳の配置はいつの間にか終わっていた。
泥出し終了後、薬剤をまき、畳板を敷き、畳を入れる。
家具や障子・ふすまをはめ込むも、やはり入らない。
外した時と同様、鴨居を持ち上げて、強引にはめ込む。
畳や廊下を雑巾がけして、終了!! お疲れ様でした。
泥を出し、畳を拭き上げたせいなのか、部屋の湿気が減ったような感じがした。


9/22(金)42回目 人の振り見て・・・

カッチーンと来る事を言うじじぃ、俺にかまうな。
いちいち、俺のすることに口をはさむな。
他の人は、誰も、なんも言わないだろう?
周囲に迷惑が掛からなければ、作業はどうやっても構わない。
前に進むことが大事・・・・と思ってる。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

機材が間に合わず、ボランティアの作業が止まってしまった。
仕方がないから、別の作業を見つけてやり始めた。独りで。
機材が来れば元の作業に戻る予定。
やり始めたら、サポートしてくれる人が現れる。仕事がないから、当然の事。
じじぃは俺が何か勝手にやってると思い、文句を言って来る。
「それは指示されていない作業だろう?」だって。
もちろんそうだけど、今の作業の次には当然スタートする作業。
する事ないから、前倒しでやってる。だれが見ても、次はそうなるはず。
それでも何かぶつぶつ・・・
じ「その作業をするんなら明日も来るんだろう?」
俺「マッチングがうまく行けば、もちろん来ますよ。」
じ「じゃ、リーダーやらないとね。」
俺「都合によっては。」


年を取ると体が動かなくなる代わりに口が動くようになる・・・名言であ~る。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


少しイライラを感じながら帰途に就き、夕方のミサに出る。
エフェソの信徒への手紙(聖書・パウロ)の一文。「寛容、忍耐が大事」。
ついでに自宅に帰ってPCでエフェソの信徒への手紙を調べていたら
こんな一文があった。「夕方まで怒りを持ち続けてはいけない。」

パウロさんは、俺様を見てたのか?


ボランティアは修行である。再び。



210号線バイパス沿いに咲くコスモス。


9/21(金)41回目 細身・飯抜き・力持ち

(画像は、先日佐田に行ったときに撮影した 「ヤブラン」花の色は薄い紫 )


今日の現場、集合場所に到着するも行先が確保できていない。
今になって行先を再度手配をしているらしく、しばらく「待て!」の指示。
我々はワン公か?!笑!
NPOの手配で、この地域のニーズを掘り起こし、VCにつないでいる。
このNPOスタッフが、電話であちこちと連絡を取り合って10分。
やっと行先決定。個人宅で庭と家庭菜園の泥出し。
ブドウ畑まで含めると宅地は400坪ほどくらいか。
場所が決まったら、あとはヤルだけ。20名募集してあり、そのうち15名を
このお宅に配し、5名をもう一軒の家に送り込む。
メンバーに女性が3名いるので、少し気を使いながら作業を進める。
以前、東峰村で一緒になった熊本のオヤジさん達から声をかけられ、なごむ。
途中でオーナーさんから巨峰の差し入れを頂く。ありがたく、頂戴する。


今日のメンバーに一人顔見知りがいた。
過去に数回、一緒に作業をしたことがある。
30代くらいの細身の男。彼はとにかく力が強く、仕事が早い。
そして休まない(これは少し困るのだけど)。休憩は5分で終わり、すぐに作業に戻る。
福岡県内から来ていて、あさ7時過ぎにはVCの駐車場で待機しているらしい。
朝飯・昼飯は食わないそうだ。夕食一食だけ。
それであれだけ仕事ができるとは・・・驚き。
細い体のどこからあんな力が出てくるのだろう。謎である。